会社概要

社名

畑中特殊バルブ工業株式会社

本社

〒135-0033 東京都江東区深川1-3-11
TEL.03-3820-5671 FAX.03-5639-5115

横浜営業所

〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町1-12-5
TEL.045-227-4118 FAX.045-664-9121

国内工場

〒992-1128 山形県米沢市八幡原3-4452-8
TEL.0238-28-3182 FAX.0238-28-3192
土地:約15,000㎡ 工場:約2,000㎡

代表者

代表取締役社長 畑中 聡一郎

設立

昭和56年8月22日

生産能力

国内市場:1,000,000,000円
海外市場:2,000,000,000円

海外拠点

上海法人、提携先(シンガポール、韓国、台湾)

資本金

50,000,000円

従業員

53名

取引銀行

山形銀行 米沢支店
三菱東京UFJ銀行 深川支店

沿革

私たちは、1981年に小島バルブ工業株式会社(創業1916年)を技術継承して設立して以来、重化学工業プラントを中心に様々な特殊バルブを生産販売して参りました。
発電プラントにおける燃料・蒸気ラインのバーナー制御弁・緊急遮断弁などで、リーディングカンパニーとして数々の特殊ボールバルブを開発しています。
設立以来、私たち独自の技術ノウハウをリーズナブルに標準化した高性能ボールバルブシリーズをラインナップしました。
モデルの選定により一般的なラインから超高温・高温・低温・高圧・粉粒体・粘性流体などのシビアなラインまでを完全閉止、シリーズの全モデルがトップエントリーまたはボトムエントリー構造であるため配管したままでのメンテナンスが可能です。
また、さらに次へのステップとして、80年以上にわたる実績をもとに開発および生産体制の拡充計画など新たな企業展開を推進しています。
自らの製品の限界をブレークスルーし続けることで広く広く社会に貢献する事が、メーカーである私たちの最も基本的な役割であると考えています。

アクセス
マップ
大きな地図で見る

ページのトップへ戻る